《simカードの効果的な使い方》スマホやインターネットを快適に使うための必須アイテム

さまざまな用途で使えるsimカードをより効果的に使う方法とは?

2018年03月26日 15時52分

私たちの生活になくてはならないアイテムである「スマホ」。スマホをより快適に使うために必要不可欠な「インターネット」。
そして、スマホやインターネットをより賢く使うためにも是非ご利用をおすすめしたいのが、使いたい分だけ自由に使うことができる「simカード」です。
日本国内の通信キャリアの他、MVNO事業者からもさまざまな種類のsimカードが販売されています。
中でも、使う分、使いたい期間だけ利用料金を前払いできて便利なのが「プリペイド型simカード」です。
プリペイド型simカードは、さまざまな場所やシーンで使用される便利なアイテムですが、そのうち特におすすめしたい
simカードをより賢く使う方法」をご紹介します。
 
(1)スマホ以外の端末と二台持ちするときにsimカードを使う
スマホやインターネットを生活の一部として使えるようになった今、スマホ一台だけでなく、他の端末も併用して使っているという方が増えています。
例えば、以前までは外出先ではスマホを使って、職場や自宅ではノートPCを使っていたという人達も、
最近では持ち運びのしやすさからノートPCよりもタブレット端末を持つといった方も多いようです。
その他、スマホはネット検索やアプリを使用するために持ち、音声通話は昔から使っているガラケーがメインといった使い方もあります。
このように、スマホ以外にも「端末を二台持ち」するというときには、simカードをより賢く使うチャンスだと思ってもいいでしょう。
simカードは、国内の通信キャリアで2年縛りの契約を交わした場合に比べて、月々の利用料金を半額以下に抑えられるといったメリットがあります。
プリペイド型simカードの場合は、利用料金を前払いすることに加え、事務手数料や解約金なども掛かりません。
そのため、端末を二台持ちするときに「コストを出来るだけ抑えたい」という時には、一方は通信キャリアとのスマホ契約、
もう一台の端末には格安で利用できるMVNOが販売するsimカードを購入して使うことをおすすめします。
プリペイド型simカードの場合は、基本的に「データ通信がメイン」という特徴があります。
通常のsimカードのように電話回線を使った「音声通話機能が付いていないため、その分利用料金が安くなる」というわけです。
 
(2)海外旅行や日本へ一時帰国する時は海外用や国内用のsimカード
simカードを利用しようかと検討中の方の中には、これから「海外旅行や海外出張」、「日本への一時帰国」を予定しているという方も多いのではないでしょうか。
さまざまな種類や特徴があるsimカードが登場していますが、simカードをより賢く使うためにも
海外用のsimカード」や「国内用のsimカード」を上手く使いこなすことが大切なポイントです。
海外へ旅行や出張で訪れる方にとって、日本で使っているスマホやタブレットを現地でも使うことができれば非常に便利ですし、
事前に準備をしておけば現地に到着してすぐにネットを使うことができれば安心です。
国内の携帯電話キャリアと契約をしていれば、国際データローミング機能を始動させることで海外でも音声通話やデータ通信を行えるようになります。
しかしながら、この機能を使ったとしても定額プランであれば1日2~3千円の利用料金がかかりますし、
音声通話は日本国内で使用するよりも割高な通話料金が掛かってしまいます。
ここで効果的に利用したいのが、「海外で使えるsimカード」です。
日本にいる間に行先となる国で使用されている現地のsimカードを購入できますし、現地の方が使用している回線を使って
快適にスマホやネットを楽しむことができます。
日本国内で購入する海外用simカードの多くはプリペイド型simカードであることから、前払いをした料金のほかに追加請求が来る心配はいりません。
そしてもう一つ、海外へ旅行や出張へ行くのとは反対に、「海外から日本へ一時帰国」する際にもsimカードの利用が大変便利です。
海外在住の方が日本へ一時帰国する場合は、1、2週間、長くても1カ月ほど滞在されることが多いのではないでしょうか。
ただし、そういった期間の中で携帯電話キャリアとスマホ契約をしてしまうと、利用料金や事務手数料の他、
2年間という契約の縛りがあることで途中解約した場合は違約金がかかってしまいます。
そのため、こういった短期間で日本に滞在する場合は、国内用のsimカードを使ってネットを利用されることをおすすめします。

(3)simフリーやsimロック解除済みの端末を効果的に使う
simカードが大活躍する場面といえば、「simフリー端末」や「simロック解除済みの端末」を持っているときです。
いまお待ちのスマホが大手の通信キャリア以外で購入した端末や、海外で購入した端末である場合は、
元々simロックが掛けられていないsimフリー端末である可能性が高いといえるでしょう。
スマホの他にも、simロックが掛けられていないタブレット端末やポケットwifi端末などが手元にあれば、
使いたいときに好きなだけsimカードを購入して使用を開始することができます。
simロックが掛かった状態のスマホやその他の端末であっても、購入した携帯電話キャリアに申し込みをするだけで簡単にsimロックを解除してもらえるので、
近いうちに海外へ行く予定があるという方や、月々の利用料金を抑えるための方法を探しているときには、
いつでもすぐに利用を始められるように端末のsimロックを解除しておくと便利です。
また、端末を二台持ちするようなときには、最近ではsimフリーの端末が安く販売されているので念のため他にも端末を用意しておくと何かと便利です。
 
(4)スマホの利用料金を抑えるためにsimカードとwifiを併用する
スマホとタブレット端末などを併用して使うこともおすすめですが、それと同時にぜひお勧めしたいのが「simカードとwifiを併用する」ということです。
simカードの種類は多様にあるため、利用料金をより安く抑えたいと思ったら通常の携帯電話キャリアとの契約より半額以下に抑えることも可能です。
また、利用料金によっては使用できるデータ通信量が限られているため、その中で快適にスマホやネットを使うためには
「simカードとwifiを併用する」といった方法をおすすめします。
例えば、外出先ではsimカードを使い、自宅に戻ったら固定回線を使ったwifiにつなげてネットをします。
こういった使い方であれば、利用料金が安い分、データ通信容量の上限が低いsimカードであっても問題なく使うことができるはずです。
外出先では、カフェや公共施設などにある無料wifiにつなげてインターネットを楽しむことができますが、ネットを使う度にwifiスポットを探すのは面倒ですし、
何よりセキュリティの面でも心配なことがたくさんあります。
そのため、こういった手間や心配ごとを回避して、尚且つスマホの利用料金を抑えるためには
プリペイド型simカードや格安simカードを効果的に使ったほうが良いと言えるでしょう。
 
(5)昔使っていたスマホやガラケーを有効活用する
利用料金も安く、気軽に使い始められるsimカードを有効活用する方法としておすすめしたいのが、
昔使っていたスマホやガラケーなどの「中古端末」を再利用するときです。
海外旅行へ行くときには現地で使える海外用simカードを持っていると便利ですが、それと同時に必要になるのが「simロックが解除された」、
もしくは「simロックが元々掛けられていない」端末です。
いま使っているスマホは、着信用にそのまま海外に持っていくという方も多いので、海外へ行く際には既存のスマホ以外にも端末を準備しておく必要があります。
そこでおすすめしたいのが、使わずに自宅に置いてある中古のスマホやガラケーのsimロックを解除して2台目の端末として使うということです。
少し前の中古の端末のsimロックを解除して新たに購入したsimカードを使うためには、「simカードのサイズ」、それに「対象端末」である必要があります。
現在は、標準SIM、nanoSIM、microSIMと3種類のサイズがあります。
中古端末に使えるsimカードのサイズを間違えないように、事前に確認しておくことが大切です。
また、通信キャリアでは、それぞれ独自の周波数を使ってインターネット回線を供給しています。
そのため、使用を検討している端末のそのsimカードの周波数に対応しているかどうかを、
動作確認端末の一覧や問い合わせページから確認しておく必要があります。
 

今回は、スマホやタブレットなどの端末を使うときにsimカードの利用をおすすめする理由、
その他にもsimカードをより効果的に使うための方法について色々とご紹介しました。
スマホやインターネットの普及、そしてsimロック解除が義務化されたこともあり、
これまで以上に「プリペイド型simカード」や「格安simカード」の需要が高まっています。
ここでご紹介しているように、simカードをより効果的に使う方法はこれ以外にも沢山あります。
短期で試しに使ってみて自分に合っていると感じたときには、また数週間、1カ月と使えるsimカードを購入するのもおすすめです。